2015年07月27日

記事トラのsmall talk(=^・^=)

IMG_6635.jpg

チェッカーをやってます。

この仕事をやってると、いろいろ不思議な翻訳文の
噂話がチェッカー仲間から漏れ聞こえてくるんです。

今回は内輪話。。。


超訳って聞いたことありますか? 

これは、つまるところ元の文を超自分流に解釈して、
細かい部分は目をつぶって訳をするってことみたいなんですね〜。

これは、特許翻訳とかでは絶対ありえなくて、B級本や歌詞などに
よく見られるようです。

うちの娘も今夏休みの宿題に奮闘中。何やってるのかなってちょっと盗み見ると、
あらら超訳のオンパレード!!
  
問題 @ 次の文を日本語にしなさい。
My father told me to eat vegetables but I didn’t.
  
「私の母は野菜を食べたけど、私は食べなかったっと母は私に言った。」 ← 娘の超訳

  
問題 A 次の日本文を英語にしなさい。
昨日ミルクを買いにスーパーに行った。

Milk went to super to buy yesterday. ← 娘の超訳


英訳に至っては超訳というかどうも機械翻訳でズルしてるんではという疑惑。

因みに答えは

@ 「父は私に野菜を食べるように言ったが、食べなかった。」

うちの旦那は娘にそんな事言ったことがないので、
なぜか勝手に『母が』っと訳してしまってるんです(泣)

そして、この訳だと、誰が野菜を食べたのか、誰が食べなかったのか
もうまったく分からない日本語訳になっています。(汗)


A “I went to the supermarket to buy milk yesterday.”
娘の訳ではミルクが買いに行っちゃった。。。
これはもうファンタジーの世界です(笑)

娘が言うには、
「確かに変だと思ったけど、まあいいかな〜。読もうと思えばよめるじゃん」だそうで。
夏休み○ライの夏期講習にでも申し込まなければマズイかもしれません。。。

お金がかかる!!!


翻訳の事なら横浜トランスレーションセンターまでお気軽にご連絡ください
posted by honyaku-ytc at 10:36| Comment(0) | 校正
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: